マンションVSアパート

マンションVSアパート

明確な規定がない「マンション」と「アパート」ですが、それでも一般的に言われている「違い」というものがあります。
まず大きな違いは、建物の構造。

 

マンションは鉄筋・鉄骨コンクリリート造の耐火構造で、アパートは木造もしくは軽量鉄骨造の準耐火構造となっています。

 

そういった構造の違いによってさまざまな「違い」が生じます。

 

 

 

マンションは高層住宅も建てられますし、建築費がかかるため賃料がアパートに比べ高いと言えます。

 

遮音性も高く、エレベーターがついていたりと、設備や管理がしっかりしている物件が多いということもあげられます。

 

 

 

そのため割りと高級感のある物件も多く、高級マンション、高層マンションは特に人気のある物件となっています。

 

アパートは、基本的に2階建てを中心とした、低層物件が多くなっています。

 

 

 

なぜなら構造上高層には作れないのです。

 

 

 

そのため、建築費が安く抑えられるので賃料も安め。

 

 

 

エレベーターや特出した設備などもない物件が多く、管理費も高くありません。