分譲賃貸マンションに住もう

分譲賃貸マンションに住もう

分譲マンションというのは基本的にタワー型の高層ビルとなっています。

 

 

 

その中に分譲されている戸数といえば100から300ほどとなります。

 

 

 

売り出し開始の時点では倍率が10倍にも及ぶように物件であったとしても、実際に住んでいるのはそのうちの9割程度だとされています。

 

後は何らかの買主が事情で住めなくなってしまった物件となります。

 

そういった物件を、売主が賃貸として貸し出すようになっているのです。

 

 

 

他には、新築で分譲売り出しされる予定であった物件を、どこかの企業が一括で全戸購入し、賃貸にだして運用するというケースもあります。

 

 

 

そういうケースの場合は、完全なる新築、それだけではなく設備も最新のものがついているとあって、まさに分譲マンションを購入したかのような気分になってしまいます。

 

分譲賃貸物件というのは、実はなかなか表に出てこないというのが難点。

 

 

 

アンテナをしっかり伸ばして情報をたくさん集める必要がありますね。