敷金の返還に関する知識

敷金の返還に関する知識

賃貸物件を契約する際には多くの場合、敷金を前もって準備しておく必要があります。この敷金は万が一家賃を滞納してしまった際に充当されたり、退去後に原状回復を行う為に使用されるお金となります。だいたい家賃の2.3ヶ月分という所が多いでしょう。

 

 

 

中には敷金不要と言われる物件などもありますが、この時に注意したいのが敷金不要であれば退去時にそれなりの金額を払わなければならない可能性が考えられることです。実は賃貸物件のトラブルで最も多いのがこの敷金に関する項目であり、退去時に原状回復や修繕の必要がなければ返却されることがあるのです。

 

 

 

ですが敷金以上に修繕などの費用がかかることで、追加を請求されることもあり、管理会社や大家さん、借主との間に思わぬトラブルが起こるおとがあります。原状回復の場合には家具を配置していたことによって出来た床の凹み、日光による畳や天井、床の変色などは経年劣化や通常の消耗として考えられるので、貸主の負担する項目になります。

 

 

 

原状回復の為に借主側が負担する項目としては、椅子などを引いた時に出来た床の傷やペットがつけた傷、掃除を怠った為に出来たカビなどとなり、こういった場合の原状回復の為に敷金が充当されることがほとんどのようです。

 

 

 

賃貸物件は以前には他人が住んでいた所も多くあり、この時についた傷や汚れなどに関しては、もちろん負担する必要はないので、入居時はどういった状態であったかを写真などに記録して管理会社に一言申告しておくのも良い方法でしょう。理解、記録することによって、トラブルによる被害を抑えることが出来るのではないでしょうか。