賃貸物件探しの時期

賃貸物件探しの時期

就職や転職、進学や転勤などに合わせて引越しをすることが多くなる為、こういった時期には賃貸物件の動が最も活発になると言って良いでしょう。

 

 

 

特に新築物件に関しては、この時期に合わせて完成するように配慮されていることが多く、申し込みなどに関しては12月頃から受け付けていることが多いようです。中古の物件に関してもやはり1月から4月というように、転勤や進学などのシーズンに合わせて動きが活発になってくるのですが、中古物件の場合には住んでいる人の退去などが関係してくるので、タイミングがポイントとなるのではないでしょうか。

 

 

 

退去をする人が管理会社に申告をするのが大体1月前後に集中しているので、気になる物件に実際に人が住んでいてもこの時期を見計らって問い合わせて見ることで、空き物件となる可能性が出てきます。

 

 

 

物件の情報もたくさんあるのがこの時期で、4月ぐらいには落ち着き、夏にかけては動きも悪くなり、物件数も減少するのです。あまり人の動きがない時期でもあり、そこから秋にかけて第二のシーズンとなるのです。ライフスタイルに合わせて物件探しをする人がほとんどですが、少しでもお得に契約しようと考えるのならば、4月から秋の始まりにかけてが一番お得な価格となることが予想されます。

 

 

 

特に4月の時点で入居が決まっていない物件ともなると、物件の動きが活発になる次の年の3月ぐらいまで空き部屋となってしまうことも予想される為、大家さんや管理会社は、家賃の値下げや敷金、礼金の値下げなど様々な手段で空き部屋を埋めようとするのです。