公営住宅の種類

公営住宅の種類

賃貸物件の種類の一つに公営住宅というものがあります。都道府県や市町村が公営住宅法と呼ばれるものに基づいて、その地域地域の住宅事情に合わせて運営されている賃貸住宅です。

 

 

 

基本的には、一般的な不動産屋さんで適用される礼金などのシステムがなく、敷金のトラブルが少ないなど、低所得者や高齢者や障がい者の人たちが生活に困ることがないように、こういった人たちを対称に比較的安い賃料で貸している住宅となるようです。

 

 

 

通常の相場よりも安く借りることが出来るので、空き物件が出ると応募が殺到することや、収入、資産状況などの面で厳しい審査があることを考えると誰でも入居が出来るというものではありませんが、家賃に圧迫されて生活が苦しい場合などには、行政に相談することで入居出来るケースが増えているようです。

 

 

 

公営住宅の種類としては一般的な公営住宅の他に、良質な物件が多いとされる公団、公営住宅と公団の間に位置する特定優良賃貸住宅というものがあり、種類によって所得制限や家賃の相場などが変わって来るようです。

 

 

 

特に最近の公団住宅では、家族世帯向けに作られたものやバリアフリー設計になっているもの、システムキッチンやバストイレなど分譲マンションの設備を搭載しているものなど、スーパーや駅など好条件の立地に建っているものもあり、良質な物件として人気を集めています。とは言え新築の物件などになると倍率も100倍を超えるなど大変な確立となることが多いので、まずはダメ元で応募してみることをお薦めします。