賃貸物件の種類

賃貸物件の種類

賃貸物件にはマンションやアパート、コーポ、ハイツなど、さまざまな呼び方をされていますが、それぞれどう違うかご存知ですか?意外ときちんと知っている方というのは少ないようです。

 

それもそのはず。

 

 

 

明確な違いというものは実のところはないのです。

 

ただ、一般的には、鉄骨コンクリート、鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリート造の建物を「マンション」と呼び、木造や軽量鉄骨造の低層物件(2階建てまで)を「アパート」と呼んでいます。

 

 

 

ですから、見た目にはマンションみたいに見えるけれど「アパート」でと表示されているものや、アパートのような雰囲気があるけれど表示は「マンション」とされている、このようなこともありえるのです。

 

 

 

「コーポ」や「ハイツ」とは何かという明確な規定というのも特に存在しません。

 

 

 

「アパート」より親しみやすい雰囲気があるために、名前を「○○ハイツ」「コーポ○○」というようにつけているだけなのです。

 

 

 

名前と物件種別は同一ではありませんので、お間違いのないように。